サイン社会になる?


サインの社会の国から見ると、印鑑は古典的に見えるようです。
文房具等を販売しているところには、沢山印鑑が売られていて、それを使用することで簡単に偽造されてしまう?と思われがちです。
しかし、通常は銀行や印鑑証明に使用する印鑑は、そのようなものを使わないのが常識です。

例えば、作るにしても、少しひねりをくわえたり、ハネ等をオーバーにすることで、特徴を与えて、自分の印鑑を作る方が大方です。というのも、日本人の中でも同じ姓の方も多いです。その方たちに、それぞれ印鑑を押してもらうと、多分同じものを使用していることはないと言われています。

印鑑社会だからこそ、いろいろな印鑑が出回っています。印章屋などもありますし、ネットショップなどでも数多い印鑑業者が存在しています。サインは自筆ですから、安心感も大きいですが、これまでの印鑑の歴史から、日本では簡単に印鑑廃止ということには行かないでしょう。

これからも印鑑社会は続きますし、様々な種類の印鑑が生まれることでしょう。
ただし、最近では、自筆という書類も多くなっています。ほとんどが、自筆の後に印鑑を押すようになりました。これも、印鑑偽造防止のひとつと言えますが、ひょっとしたらサイン社会になってしまう第一歩なのかもしれません。ただ、完全なサイン社会になるまではまだまだ時間がかかることでしょう。

参考…手彫り印鑑通販サイト いいはんこやどっとこむ