副印鑑貼付は廃止に


最近金融機関では、以前あった副印鑑貼付を廃止しているところが多いです。
副印鑑貼付とは自分の通帳に、この印鑑で手続きをしたという印影を貼り付けたものですが、預金者本人が印鑑の確認をするためにはとても便利なものでした。しかし、その通帳が盗まれるようなことがあり、貼り付けられている印鑑が三文判のようなものだったり、簡単に偽造ができるものの場合、すぐに印鑑が偽装されることになります。
そうすると、本人になりすまして預金通帳の残高をすべて下ろしてしまうことが可能です。

そこで、金融機関では、副印鑑貼付を廃止することで、通帳だけを提示されたとしても、印影がわからないよう、偽造防止に乗り出したということです。印鑑確認は、本人が窓口に直接出向くことが必要ですが、その際には本人確認をすることになっています。
これだけ厳重に印鑑の偽造に乗り出した背景には、数多い副印鑑貼付による印鑑偽造が横行していたという事実があります。

通帳はとても大切なものですが落としてしまったり、盗まれることもあります。しかし、簡単に偽造できないシステムになったことは少しだけ安心できることです。
副印鑑貼付がある通帳を持っている方は、金融機関に聞いてみてください。すでに廃止されていることもありますから、すぐに外すことをお勧めします。