印鑑偽造について


印鑑はとても大切な存在です。通帳や印鑑証明などに使用している印鑑の保管は厳重に行いましょう。
世の中には、偽造という犯罪が横行しています。何度も真似してホンモノそっくりに作り上げる技術は素晴らしいと感心している場合でありません。印鑑を偽造されてしまうことがあります。間違った印影を不用意に捨ててしまうことで、それを元に印鑑を偽造した人があなたに成り代わってしまうということもあります。偽造は罪で罰せられることになります。

そうした犯罪の的になってしまうことを承知したうえで、取り扱いを慎重にすることが大切です。なんと恐ろしいことに、印鑑の偽造の仕方を丁寧に教えてくれるブログや情報もあります。こんなこともできます程度のものですが、器用な方の場合、ホンモノそっくりにつくり上げることもできます。そうしたデンジャラスゾーンも存在していることを知ったからには、自分の印鑑は盗まれないようにする、印影を不用意に捨てないようにすることを心掛けることが大切でしょう。
とは言っても、万が一空き巣に入られてしまったら、印鑑紛失届を必ず出すようにしてください。そうすることで悪用を未然に防ぐことができます。
印鑑偽造による犯罪は後を絶たないとされています。これは、由々しき事態であり、もしそのようなことがある場合は、必ず警察に届け出をすることです。そして、印鑑の保管に関しては、空き巣に入られたとしても絶対に見つからないところに置くのが良いでしょう。例えばというわけにはいかないのですが、自分が絶対に手を出さないところです。